« 平成18年 イベント情報 | トップ | 3県合同例会IN鳴門・徳島 »

第38回トップ印刷人セミナーのご案内

ご あ い さ つ
拝啓  残暑の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、景況論を見ますと需給ギャップが需要 超過状態に入り、景気の現状評価は「着実に回復」から「緩やかに拡大」に変更するのが適当との見解が多く示されています。
しかし、ガソリンの急騰や実感できない景気回復など、まだまだ楽観できる状態とは到底いえません。必要以上に世論に心を動かされることなく、周囲の状況を見ながら的確な経営の舵を取りたいものです。
  さて、トップ印刷人セミナーも今年で38回目を迎えます。今回は久方ぶりにお二人の講師にご講演いただくことになりました。
どちらもこれからの印刷会社を経営するうえで非常に重要な要素を占めた内容となっております。
  是非ご参加いただき、今後の経営のヒントにしていただければ幸いです。
敬具
大阪青年印刷人クラブ
会長  作道 孝行
―開 催 要 領―
1.日  程         平成18年10月14日(土)〜15日(日)
(14日)
登録受付   13時00分〜13時30分
第 一 講    13時30分〜15時
第 二 講   15時30分〜17時
                    懇 親 会   18時30分〜20時30分
                   (15日)   朝食後解散
2.場  所          有馬グランドホテル
                    (神戸市有馬温泉、電話078-904-0181)
3.会  費          30,000円(宿泊費、夕・朝食費含む)
4.申込締切        9月15日(金)
5.振込先          みずほ銀行  船場支店
                    普通預金 2220501
                    大阪青年印刷人クラブ 会計 米田聡史

【講演内容】
機Α崟犬残る企業の条件〜倒産の修羅場を経験して〜」
講師:野 口 誠 一 氏 (八起会会長)

講師プロフィール
                       野 口 誠 一
                        1930年 東京生まれ
                            1955年(25歳)で玩具メーカーを設立し従業員5名、月商150万円でスタートし、2年後10倍の月商1500万円に急成長。
しかしドルショックと放漫経営がたたり77年倒産。翌53年「倒産者の会」設立を呼びかけ「八起会」を興す。「倒産110番」を中心に再起・整理・人生相談まで無料奉仕。
昭和59年、衞邯プランニング設立。再起を計ると同時にテレビ・ラジオ・新聞・月刊誌に精力的に執筆。1ヶ月の半分は全国各地で講演活動を行っている。



供Α嶌こそ取り組む色覚ユニヴァーサルデザイン」
講師:武 田  一 孝 氏(東洋インキ製造)

講演内容:近年「誰もが快適に暮らせる社会の実現を目指して」を合い言葉に様々な分野でユニヴァーサルデザインが注目されています。建築物やアミューズメントパークから日常使用する文房具や日用品などでも重要な要素となっています
現在色覚障害を持つ人は約320万人、男性の5%、女性の0.2%いると言われています。この方々に普段我々が印刷している印刷物が、その情報を的確に届 けられているのかどうか。色の判別がし難い印刷物になっていないかが、今後重要な要素にもなると考えられます。その判別方法や対応策を、専用ソフトなどの 紹介を交えて行っていただきます。

カテゴリー